徳島新聞 女性クラブ

illa1
illa2
お知らせ

2019年8月6日火曜日

7/7開催 山村紅葉トークショー 開催レポート

 7日に徳島市のアスティとくしまで開かれた女性向け会員制クラブ「徳島新聞女性クラブ」のトークショー。女優の山村紅葉さんが仕事や私生活、母で推理作家の美紗さんの思い出などを語った。要旨は次の通り。
 
仕事や私生活について語る山村さん
=アスティとくしま

願いは口に出せばかなう



舞台の仕事やバラエティー番組で1年の3分の2は着物を着ている。自分で作ったもののほか、母や祖母らから譲り受けたものも合わせると持っている着物は500枚くらい。桐(きり)の和だんすに保管しているが、買った時の箱に入れたままになっているものもある。
 紅葉は本名で、母が命名してくれた。幼稚園時代に「歌舞伎でいう紅葉狩りは紅葉を眺めながらお酒を飲んだり、舞を舞ったりするもので、イチゴ狩りのように取って食べるのではない」と言ったことがある。母は先生から「理屈っぽいお子さんですね」と言われたそうだ。
 「ミステリーの女王」といわれた母は家電マニアだった。次々と新製品を買い、いち早くサスペンスドラマのトリックに取り入れた。母は23年前に亡くなったが、ドラマは今でも再放送されるので健在だと勘違いしている人も多い。作品とともに母が生き続けてくれればうれしい。
 大学時代に女優として20本のドラマに出演したが、卒業後は国税庁の国税専門官になった。映画「マルサの女」で国税専門官が脚光を浴びる前のことだ。大学時代に脱税の摘発額の大きさに驚き、教育や福祉の財源を確保しなくてはいけないと思ったことが動機だった。
 ある会社の経理係のはずの女性が電卓を打てないほど爪を長く伸ばしていることに気付き、社長が経理担当者を装って愛人に金を渡していることを見破った。客のふりをしてパチンコ店を内偵した際、大勝ちして玉が箱からあふれてフロア中に散らばってしまい、大騒ぎになったこともある。国税専門官は天職だと感じていたが、結婚を機に退職した。
 これまで出演した2時間ドラマは500本。1年間で33本出演したこともある。ドラマと舞台を同時に5、6本掛け持ちしていた時期もあった。七つ掛け持ちしていた時は何が何だか分からなくなったので、6本までと決めた。
 東宝のカレンダーで3年続けてモデルとなった。このカレンダーには司葉子さん、沢口靖子さん、長澤まさみさんらトップ女優が登場してきた。50歳を過ぎ、笑いを取るために「夢は東宝のカレンダーに出ること」と言うと実現した。母は「願いは口に出せば必ずかなう」と言っていた。きょうは七夕なので、来年もカレンダーに登場できるように皆さんの前でお願いします。
 健康法は眠ること。飛行機の中や芝居の楽屋など、どこでも人目をはばからず10分か15分くらい寝る。すると元気が湧いてくる。
 人気キャラクター「ハローキティ」が好きで、ぬいぐるみだけで200体近く持っている。舞台の楽屋はドレッサー、たんす、じゅうたんなどをキティちゃんでそろえている。徳島では阿波踊りキティとスダチキティを買いたい。
 休日はプールで泳いだり、料理を作り置きしたりしている。キティちゃんを風呂に入れ、昼寝も欠かさない。 (岩村純志)