徳島新聞 女性クラブ

illa1
illa2
お知らせ

2016年11月25日金曜日

徳島新聞女性クラブ講演会 片岡 鶴太郎さん

徳島市のアスティとくしまで開かれた女性向け会員サービス「徳島新聞女性クラブ」の講演会。タレントで画家の片岡鶴太郎さんが「流れのままに」と題してたくましく生きる女性の素晴らしさについて語った。ユーモアを交えながら、女性に人気が高いヨガの奥深さや、江戸時代から受け継がれる暮らしの知識も披露した。要旨は次の通り。(山口和也)
 
女性の素晴らしさについて語る片岡さん
=アスティとくしま

神秘的ですごい存在
男性はかなわない


 4年前から本格的にヨガを始め、毎朝の日課にしている。きょうも午前1時半に起きてヨガを3時間やってきた。
 もともとはヨガというより、瞑想(めいそう)をやりたかった。なぜ瞑想かといえば、文献を読んでいると偉人がやっていたから。例えば仏陀(ぶっだ)は2500年前に瞑想で悟りを開き、仏教を広めていった。弘法大師空海やビートルズ、松下幸之助といった尊敬する人もやっていた。
 ビートルズは40年前にヨガの本場のインドを訪れ、ポップだった音楽が精神性のあるものに変わった。世界的なヒット曲「レット・イット・ビー」は瞑想の歌で、歌詞の一部を直訳すると「賢者の言葉をつぶやいて あるがままに」という意味になる。瞑想の奥深さに引き込まれた。
 瞑想は、非暴力の精神や体操、呼吸法などからなるヨガの一部。指導者に付いてもらい、瞑想だけでなくヨガを教わることになった。ヨガをすると痩せると言われ、女性に人気が高い。しかし、本来の意味は「結ぶ」という意味で、自分を魂と結ぶ、宇宙と結ぶことを表す。
 仏陀が悟りを開いたときの「蓮華(れんげ)座」というポーズは20〜30分間、姿勢を保ったまま瞑想する。だが、普通の人だと、脚を組むのが痛くて1分も我慢できない。ヨガの体操は、もともと瞑想のポーズをするために体幹を鍛えるためのものだった。ヨガを続けると体の細胞が活性化し、脳の働きが活発になる。若返りにも効果がある。
 現在の日本文化の多くは、江戸時代につくられた。例えば、川が多い江戸では、物資を運ぶ船の往来が盛んだった。船に設けた浴槽にお湯を入れた移動式銭湯が登場し、爆発的にヒットした。これが「湯船」の語源になった。「よろしく」という言葉や蚊取り線香などもこの時代に生まれた。
 女性の強さに男性は、かなわない。奥さんに先立たれた男性は、家のことが分からないと途方に暮れるが、女性は夫に先立たれても平気で、むしろ元気になる人がいるぐらい。
 雄と雌の違いについてウサギを使った実験では、大切な脚をギプスで固定された雄のウサギは、餌も食べず、睡眠も取らずに倒れるまでギプスを外そうとする。一方、雌もギプスを外そうとするが、無理だと分かると諦めて餌を食べ始める。雄は力尽きてしまったのに、雌は生き残ることができる。女性はおなかの中で子どもを育てるという大きな役割を持っているため、動物として男性よりも強いのではないか。
 私はO型だが、B型の母親から生まれた。よく考えてみると違う血液型の血液が同じ体内にあるというのはすごいメカニズム。女性は、へその緒を通じて胎児に血液を送るときに、違う血液型に切り替えるというすごいことを無意識にやっている。女性はとても神秘的で、すごい存在なのだ。