徳島新聞 女性クラブ

illa1
illa2
お知らせ

2019年12月10日火曜日

9/23開催 阿木燿子講演会 開催レポート

 23日に徳島市のアスティとくしまで開かれた女性向け会員制クラブ「徳島新聞女性クラブ」のトークショー。作詞家の阿木燿子さんが登壇し、夫の宇崎竜童さんとの私生活や言葉の大切さについて語った。要旨は次の通り。
 
言葉の大切さについて話す阿木さん
=アスティとくしま

人生変えた夫との出会い



 小学生から高校生くらいまでは、すごく人見知りだった。登校中にクラスメートに会っても「おはよう」の一言が言えないくらい。でも、このまま一生いくのは嫌だな、変わりたいなという願望はあり、大学生から変わるんだと決意した。
 明治大学に入学し1日目、音楽の部活の勧誘で声を掛けられた。「人前やパーティーで歌ったり演奏したりする」という活動内容を聞いて「無理です」と断ったのだが、そのとき「僕が教えます」と言ったのが主人だった。
 出会った時から作曲をしていた彼が、「曲は書けるが詞が書けないから、書いて」と言うので作詞を始めた。最初は楽しかったがだんだん嫌になってきて、大学1、2年生で書いたきり結婚後も作詞はしていなかった。ところがある日、「歌手になりたい」と言い出した彼が「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」を結成することになり、「何か(詞を)書いて」と頼まれた。久しぶりの作詞で、折り込みチラシの裏に書き殴って渡した。それが「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」だ。
 好き勝手に書いたものがなぜかヒットし、すごく不思議な気分だった。面はゆいような、うれしいような、自分のことでないような。それがきっかけで、山口百恵さんからも依頼が来て「横須賀ストーリー」などの作詞を手掛けることになり、気が付けば私は作詞家になっていた。
 そして、私の苦労が始まった。なかなか言葉が降りて来ず、神頼みもした。特にアイドルのような自分と年代の違う人の曲は感性が違うので困った。
 ある時、自分の中にまだ初恋をしていた頃の私がいるのではないかという予感があり、「私の中の少女さん、私に力を貸してくれない?」と声を掛けた。するとある日ふっと詞が浮かんだ。そうか、まだ私の中には10代の少女がいるんだ、と気付いた瞬間からアイドルの詞が書けるようになった。
 同じように、自分に男らしい一面を感じた時に、自分の中に男性がいることにも気付き、彼に話し掛けることで男性の曲も書きやすくなった。私の中にはほかにも、若い男の子も、年配のおじいさんもおばあさんもいる。人はたった一色ではなく、全ての人は多様性に満ち、多面体なのだ。
 言葉を扱う仕事を40年以上してきて、言葉の大切さを実感している。言葉はブーメランと同じで、私から発した言葉は私に戻ってくる。毎朝起きたら、言葉をラッピングしてほしい。バラの花をラッピングするように。それを何十本も作って、一人一人に手渡そう。
 言葉は池に投げる小石だ。小さな円のさざ波がどんどん広がる。良い小石を投げることで、そこの水辺全てがその波動で満たされていく。 (三浦麻衣)


2019年8月6日火曜日

7/7開催 山村紅葉トークショー 開催レポート

 7日に徳島市のアスティとくしまで開かれた女性向け会員制クラブ「徳島新聞女性クラブ」のトークショー。女優の山村紅葉さんが仕事や私生活、母で推理作家の美紗さんの思い出などを語った。要旨は次の通り。
 
仕事や私生活について語る山村さん
=アスティとくしま

願いは口に出せばかなう



舞台の仕事やバラエティー番組で1年の3分の2は着物を着ている。自分で作ったもののほか、母や祖母らから譲り受けたものも合わせると持っている着物は500枚くらい。桐(きり)の和だんすに保管しているが、買った時の箱に入れたままになっているものもある。
 紅葉は本名で、母が命名してくれた。幼稚園時代に「歌舞伎でいう紅葉狩りは紅葉を眺めながらお酒を飲んだり、舞を舞ったりするもので、イチゴ狩りのように取って食べるのではない」と言ったことがある。母は先生から「理屈っぽいお子さんですね」と言われたそうだ。
 「ミステリーの女王」といわれた母は家電マニアだった。次々と新製品を買い、いち早くサスペンスドラマのトリックに取り入れた。母は23年前に亡くなったが、ドラマは今でも再放送されるので健在だと勘違いしている人も多い。作品とともに母が生き続けてくれればうれしい。
 大学時代に女優として20本のドラマに出演したが、卒業後は国税庁の国税専門官になった。映画「マルサの女」で国税専門官が脚光を浴びる前のことだ。大学時代に脱税の摘発額の大きさに驚き、教育や福祉の財源を確保しなくてはいけないと思ったことが動機だった。
 ある会社の経理係のはずの女性が電卓を打てないほど爪を長く伸ばしていることに気付き、社長が経理担当者を装って愛人に金を渡していることを見破った。客のふりをしてパチンコ店を内偵した際、大勝ちして玉が箱からあふれてフロア中に散らばってしまい、大騒ぎになったこともある。国税専門官は天職だと感じていたが、結婚を機に退職した。
 これまで出演した2時間ドラマは500本。1年間で33本出演したこともある。ドラマと舞台を同時に5、6本掛け持ちしていた時期もあった。七つ掛け持ちしていた時は何が何だか分からなくなったので、6本までと決めた。
 東宝のカレンダーで3年続けてモデルとなった。このカレンダーには司葉子さん、沢口靖子さん、長澤まさみさんらトップ女優が登場してきた。50歳を過ぎ、笑いを取るために「夢は東宝のカレンダーに出ること」と言うと実現した。母は「願いは口に出せば必ずかなう」と言っていた。きょうは七夕なので、来年もカレンダーに登場できるように皆さんの前でお願いします。
 健康法は眠ること。飛行機の中や芝居の楽屋など、どこでも人目をはばからず10分か15分くらい寝る。すると元気が湧いてくる。
 人気キャラクター「ハローキティ」が好きで、ぬいぐるみだけで200体近く持っている。舞台の楽屋はドレッサー、たんす、じゅうたんなどをキティちゃんでそろえている。徳島では阿波踊りキティとスダチキティを買いたい。
 休日はプールで泳いだり、料理を作り置きしたりしている。キティちゃんを風呂に入れ、昼寝も欠かさない。 (岩村純志)



2019年6月13日木曜日

5/18(土)中尾彬・池波志乃夫妻 トークショー開催報告

 18日に徳島市のアスティとくしまで開かれた女性向け会員制クラブ「徳島新聞女性クラブ」のトークショー。俳優の中尾彬さん(76)池波志乃さん(64)夫妻が徳島の印象や夫婦円満のこつ、夫婦で取り組む終活を、軽妙な語り口で披露した。要旨は次の通り。
 
終活についてユーモアを交えて語る
中尾彬さん(左)と池波志乃さん
=徳島市のアスティとくしま
(家段良匡撮影)

コミュニケーション大切




 ―徳島の印象は。
 池波 プライベートで徳島はよく来るんです。訪れると必ず新しい発見があって楽しみ。おいしい食べ物がたくさんありますね。スダチが大好きで、竹ちくわもおいしい。藍染は夫婦でお気に入りです。
 中尾 鳴門線に乗って鳴門の旅を満喫した。乗り継ぎで立ち寄った池谷駅では2人だけで半時間以上も列車を待った。駅舎にツバメが巣を作っていて無人駅ののどかな雰囲気に癒やされた。三好市山城町の大歩危峡では雄大な渓谷美に圧倒された。澄んだ清流と飾り付けられた無数のこいのぼりの泳ぐ姿が印象に残る。食事は阿波牛がとてもおいしくて感激した。
 ―終活について。
 中尾 10年前に大病を患ったのがきっかけ。体力のあるうちに、余分な物が多いので少しずつ片付けようと思った。不動産や家財からまず処分していこうと始めた。1万枚くらいの写真は処分した。写真は自分の心の中にあればいいと思う。若い時はどうしても手を広げすぎる。特に男は収集癖がある人が多い。遺言状みたいに少しずつ書き出して整理している。処分を迷ったら1カ月置いて使わないと捨てる。ねじねじのストールも400本あったのを半分の200本に減らした。
 池波 私たちは子どもはいないし、いろいろと残して遺産整理で負担を掛けたくない。終活はまだ早いんじゃないのと言われたが、やってみたら体力がいる。昔と違って今は家を残したら負の遺産になるんです。何とかしないといけない。楽しく生きるために無駄な物を整理しています。もう一度、新婚生活のつもりで最後のやり直しです。
 ―夫婦円満のこつは。
 池波 相手のことには口を出さないのがいい。せっかく2人しかいないのにけんかするのは嫌。衝突を回避しているだけ。相手の機嫌を考えて話すタイミングを計るんです。私は細かい性格でよく悩む。一方で主人は決断力がある。いい組み合わせなんです。
 中尾 夫婦で全国を旅行している。プライベートで外食にもよく出掛ける。食事の際には会話を楽しむ。とにかくコミュニケーションが大切だ。
 ―食事などの健康法は。
 中尾 病気をしてからたばこをやめたし、野菜を食べるようになった。食生活はよくなったと思う。塩分は1日6グラム以下。それで体重は随分減らした。
 池波 健康のための食事制限は楽しみながらじゃないと続かない。たまに息抜きを作るのが大事です。運動は家事など日常生活の中で工夫してやっています。仕事を続けることがリハビリなんです。 (奥村靖之)