徳島新聞 女性クラブ

illa1
illa2
お知らせ

2018年1月12日金曜日

11/25開催 海老名香葉子講演会 開催レポート

 徳島市のアスティとくしまで開かれた女性向け会員制クラブ「徳島新聞女性クラブ」で、落語家の初代林家三平さんの妻で作家の海老名香葉子さん(84)が「山谷越えて きれいに生きたい」と題して講演した。海老名さんは戦災孤児だった経験などを振り返り、前向きに生きることの大切さを訴えた。(藤川佳宏)
 
作家 海老名香葉子さん
=アスティとくしま

前向きな気持ち大切
戦災孤児の経験振り返る


 戦前は東京の下町で和やかに暮らしていたが、11歳の時、静岡県の親戚宅に1人で疎開することになった。母は「いつも笑顔でいなさい。(悲しくても)我慢して笑顔でいるのよ」と送ってくれた。
 1945年3月9日深夜、退避命令が出て山中へ逃げた。「東京の空が赤い」と聞き、家族の無事を祈った。
 数日後、中学1年の兄が焼けただれた姿で親戚宅を訪ねてきた。兄は「みんな死んだ。ごめん」と泣いて謝った。私は「兄ちゃんだけでも残ってよかった。泣かないで笑顔でいよう」と言った。
 石川県の叔父宅にも疎開した。叔父は「親と思って」と言ってくれたが、終戦後の10月、叔母に「面倒は見られない」と言われ困った。その後移り住んだ東京の親戚宅では叔母がいつも怒っていて「お前は死んだらよかったのに」と罵倒された。この家にも居られなくなり、独りぼっちになった。
 孤児の証明書を持っておらず、配給がもらえなかったので、いつもお腹を減らしていた。拾った鍋で雑草を炊いて食べていた。
 父の知人である先代の三遊亭金馬師匠と再会した。師匠の家に行くと、おかみさんが「うちの子になりなさい」と引き取ってくれた。「生きていける」と思い、うれしかった。
 18歳の時、林家三平が「丈夫で長持ちしそう」と嫁にもらってくれた。4畳半2間の家で暮らし、内職で生計を支えた。次第に弟子が増え、家がさらに狭くなった。にぎやかな中で、子ども4人も育てた。一人一人性格が違うので、その子に合わせた付き合い方が大切だと思った。
 50歳を過ぎて病気で倒れた夫から「後を頼む。弟子が路頭に迷うから」と言われた。40人近い弟子をどうすればいいのか困惑したが、弟子たちが支えてくれて勇気が湧いた。
 テレビ出演や本の執筆など、仕事の話があると何でもした。小学5年までしか学校には通ってなかったけど、ありのままの自分を出してこなした。
 東京・上野に空襲の犠牲者の慰霊碑と時計塔を建てた。毎年の供養の日には大勢の人が集まってくれる。あと20年は生きて、空襲で亡くなった人たちのために供養を続けたい。

2017年11月7日火曜日

7/8開催 中村メイコ講演 開催レポート

 徳島市のアスティとくしまで開かれた女性向け会員制クラブ「徳島新聞女性クラブ」のトークイベントは、女優の中村メイコさん(83)が「人生の終いじたく」と題して講演した。80年余りに及ぶ芸能活動や普段の暮らしぶりを紹介しながら、老後を楽しく暮らすこつをユーモアたっぷりに語った。(山口和也)
 
女優 中村メイコさん
=アスティとくしま

相手敬い老後楽しく
「ありがとう」忘れず


 2歳のとき、作家だった父に抱かれた写真が雑誌に掲載された。それが映画会社の目に留まり、映画に出演することになった。撮影をもう1本、もう1本と続けるうちに今日を迎えた。
 少女時代は「普通の女の子」への願望が強かった。あるとき、雑誌の企画で後に親友となる美空ひばりさんと対談した。「たまには普通の女の子のように、ボーイフレンドと街を歩いてみたいわね」と話すと、ひばりさんは「夢を売る商売の私たちは、ファンが嫌と思うことは我慢しなくちゃ」。妙な人だなと感じたのが第一印象。でも、美空ひばりという人は、その言葉通りに生きた。
 2歳年上の作曲家神津善行さんと結婚したときは、仕事を辞めるつもりだった。夫に切り出すと、思い掛けない反応が返ってきた。「これからの日本女性は、結婚して子どもができても、何か専門を持ち、その仕事をしながら生きるべきだ」と。
 言葉はかっこよくても、現実は大変。義母のお世話から、家事、子育てまで全て任された。それでいて「君は、どんどんいい仕事をしてくれ」と言うのだから、理屈と実際の生活が全く違う。この時代の男性は、これが当たり前で、女性も、そんなものと思っていた。
 3人目の長男が高校を卒業するまで、毎朝5時15分に起床し、子どもの弁当と朝食を用意してから仕事に向かった。大河ドラマの撮影は、午前0時までに終わることがなく、睡眠は2時間半ほど。同じようなことをして、あっという間に60年が過ぎた。
 それが、子どもが独立して夫と2人になると、家での会話がさみしくなった。夫に何か話してと促すと「源氏と平家は…」「ナチスとヒトラーは…」と、まるで演説。そんな「夫のつまらない長話」を聞くときは、ちゃんと聞いているふりをする。時々、相づちを打ち、十分に話し終わった頃を見計らって「ありがとう。面白かった」と言えば相手も悪い気はしない。
 老夫婦になると、若い頃と違って夫の世話をするエネルギーもなくなってくる。あの手、この手を考えないといけない。
 夫が洗面台で顔を洗うと、いつも水しぶきが飛び散っていた。「何で、私ばかりが拭かないといけないの」と思いながらも「汚らしいから、ちゃんと拭いて」と言っては駄目。文句ばかり多くなってしまう。
 そこで、夫が使う前、洗面台に水をわざとかけておいた。それを知らない夫は「あんたはカバか。何であんなに水が飛ぶんだろうね」と言いながらも「タオルを置くので、洗面台を使ったら拭くようにしよう」と提案してくれた。角を立てず、相手を尊重しながら面白おかしく暮らしている。
 70歳の古希を迎えたのをきっかけに一戸建ての家を引き払い、マンションで暮らしている。この時、小さい頃からの思い出の品や衣装を全て捨て、身軽になった。今は家族に迷惑をかけないよう、自分の身の回りのことができるうちに、うまくいなくなりたいと考えている。

2017年5月15日月曜日

5/7 奥田瑛二トークショー 開催レポート

 徳島市のアスティとくしまで開かれた女性向け会員サービス「徳島新聞女性クラブ」のトークショーは、俳優で映画監督の奥田瑛二さん(67)が登場。映画やテレビドラマに出演する俳優業、50歳から取り組む映画監督の活動について「何をするのも命懸け」との信念を語った。家族や人との関わり方についても独自の世界観を披露した。要旨は次の通り。(橋本真味)
 
映画の仕事や家族との
エピソードを語る奥田さん
=アスティとくしま

仕事も子育ても命懸け
優しさ内包したい


 小学5年の時、映画館で大友柳太朗主演の「丹下左膳」を見て衝撃を受けた。「スクリーンの中に入りたい」と映画俳優を志す。しかし、俳優としてはなかなか芽が出ず、29歳でホームレス生活を送った。妻(エッセイストの安藤和津さん)との出会いはその頃。よく出会えたものだと、不思議に思っている。
 映画が大好きで「人生は映画だ」と思っていた。ただ映画俳優になりたいという一念で進んだ。にもかかわらず、映画「棒の哀しみ」で主演男優賞をもらった際、力が抜けてしまった。「本当に演技を追求する精神があるのか」と自問する自分がいた。
 映画監督としてなら生きていけると思い、迷うことなく10年で5本撮った。映画を撮る時は俳優はやらないと決めた。だが、今は両者のスイッチを自然に切り替えながら取り組めるようになった。俳優の奥深さや素晴らしさをさらに強く感じている。
 映画監督と俳優になった2人の娘には「何事も命懸けだよな」という話をする。死ぬか生きるかの冒険心で精進し、命懸けという意識まで自分を高めないといけない。疲れたら休めばいい。映画製作は、準備や日々の作業でつらい出来事の方が多い。見た人に「良かった」と言われて、初めて楽しくなる。苦労がないと楽しみは生まれない。仕事だけでなく、人を愛するのも、子どもを育てるのも命懸けでないと。
 家族についてはこう考える。「一番愛すべきものだが、この世で一番切ない」。自分の一方的な愛でも、相手からもらうだけの愛でもいけない。多くが同調しないとうまくいかない。家族という形式はあっても、心の実態がなくて切なかった。娘が成長して孫ができ、一瞬にして切なさが楽しさに変わった。切なさを乗り越えたから、その瞬間が訪れた。
 家族に限らず人が好きで、人との関係を大切にしたいと思っている。手を取り合って歩むのではなく、優しさを心に内包していたい。そんな思いで、おっくうがらず義母の介護に関わることができた。信念と行動が伴い、一人間として、成立できたような思いがしている。

2017年2月8日水曜日

第4期第4弾ゲスト決定。平成30年2月17日開催 西川きよしさん

4月1日からスタートする徳島新聞女性クラブ第四期の第四弾は平成30年2月17日(土)にタレントの西川きよしさんをゲストに迎えて講演会を開催いたしします。第四期はいままでの年4回のトークイベントと別に年2回特別講演会も実施します。また現在ご入会の方でご継続いただける方、新規にご入会いただける方全員に、過去3年間の講演要旨をまとめた小冊子を進呈いたします。四年目に入りますますパワーアップしていく徳島新聞女性クラブをこれからもどうぞよろしくお願いいたします。